制服文化

変化し続ける制服文化

人気なので早めにゲットするのがお勧め♪

変化し続ける制服文化

ここ数年、高校の制服デザイン変更のサイクルが早くなったような気がします。
学校によっては、制服のデザインを生徒から一般的に募集し、そこらか制服を作っていくというケースもあるようです。
二十年ほど前は、セーラー服、学ランから、ブレザーへとデザインが移行した時期だったと思います。

 

そこからチェックのスカートや、リボンのついたかわいい制服が一部の女子高から出始め、どの学校の制服がかわいいか、ということも話題になりました。
個人的には、長めのスカートにリボンのついた制服、いわゆる宗教法人の女子高に多いデザインがかわいい、と感じていました。
ここ数年は、公立高校の制服デザイン変更が多くみられる一方、創立から恐らくデザインを一度も変更していないのではないか、という学校もみられます。

 

そうした高校は、その制服を見ただけで、どの学校か、ということも分かり、それがある種のステイタスのようにも感じるのです。
ここ何年か流行しているのが、チェックの短いスカートに、リボンのついたデザインで、これはAKB48の衣装からどんどんと流行っていったのは言うまでもなく、フォーマルな場で着る女の子の服もそれに似たデザインが増えたと感じます。
今、一つの文化のように似たような制服が流行していますが、そのうちに、また新たな制服が流行するのではないか、と思うのです。

変化し続ける制服文化関連ページ

コンサバファッションを考える
コンサバファッションについて考えてみます。私達のような主婦になるとそういうファッションがあっていますからね。

ホーム RSS購読 サイトマップ